浦上天主堂旅行(ツアー)

近畿日本ツーリストの国内旅行 国内ツアーへようこそ! ここは目的・テーマ別 国内ツアーのコーナーで、浦上天主堂(ツアー)をご紹介しています。

出発地を選ぶ
首都圏発
中部発
関西発
北海道発
東北発
甲信越発
北陸発
中国・四国発
九州発

浦上天主堂
原爆のため焼失後、1958年に往時のものと同じロマネスク式で再建されたコンクリ-ト建ての大堂。慶応元年(1865)に大浦天主堂が完成し、ここ浦上の潜伏キリシタンは大浦に赴任した神父に密会し信仰告白をし「潜伏信徒発見」という歴史的な事件になった。しかし、まだキリシタン禁制中のできごとであり、浦上の信徒3400人ばかりは流罪となった。この事件は外交問題となり明治政府は明治6年(1873)にキリシタン禁制を解くことになり信仰の自由を得た浦上の信者たちの33年に及ぶ奉仕で大正15年に立派な天主堂が完成。赤レンガ造りのロマネスク式の教会は当時東洋一と言われていましたが、昭和20年の原爆で8500人の信者とともに消失。天主堂に上る道の両側には原爆で焼かれた天使像が並んでいる。                           ※入場料金・乗船料金・他オプショナルツアー代金等、別途割増料金として加算されるプランもございます。

浦上天主堂旅行(ツアー) を検索

出発地
目的地
出発日
旅行日数
から まで
添乗員
予算
から まで

※おとな1名様あたり

交通手段
キーワード
  • ヘルプファイル
 
読み込み中です。